HOME製品情報 > スマカメ180

スマカメ180

CS-QV60F
CS-QV60F
  
『スマカメ180(CS-QV60F)』は、180°の超広画角・300万画素CMOSセンサーによるフルHD撮影のネットワークカメラです。
水平180°垂直100°の広角レンズを搭載し、お部屋全体を死角なく見渡すことができます。その広画角の映像を300万画素CMOSセンサーによるフルHDで撮影することで、細かなところまではっきり鮮明に捉えることが可能です。
製品名 製品型番 参考価格
スマカメ180 CS-QV60F オープンプライス
難しいネットワークの設定や、Webサイトでの登録など面倒な作業がいらない簡単接続。
SYNCボタンでお使いのブロードバンドルーターに接続したら、
専用アプリでカメラ背面に印刷されているQRコードを読み込み、パスワードを入力するだけで準備完了です。
最大10台までのカメラを登録して切り替えられる、Android/iPhone/Windows/Mac専用アプリ『スマカメ』を無料で提供します。
起動すればすぐに映像が見られ、よく使う機能だけが大きなボタンで配置された画面は、
複雑なメニュー構成が苦手な方でも簡単に使い方を覚えられるシンプル設計です。
既にスマカメアプリを使用している方は、 画面右上の「メニュー」アイコンをタップして表示されるメニューから
「カメラの追加」をタップすると、かんたんにカメラを追加できます。
水平180°垂直100°の広角レンズにより、1つのカメラで室内全てを見渡すことができます。
300万画素の1/3インチCMOSセンサーを搭載し、
フルHD(1920x1080ピクセル)での撮影に対応。細部までくっきり見えます。
スマホのピンチ操作で画面の拡大縮小が可能です。
拡大したまま、フリックすれば見たい場所へ素早く移動できます。
カメラの背面が磁石になっているので、金属壁やキャビネットなどにかんたんに固定できます。
オプションのマグネット用ウォールマウントキット『CAM-ST03』を使えば、
磁石が取り付けられない壁などへも手軽に取り付け、カメラの角度もかんたんに調整できるようになります。
カメラ本体にマイクとスピーカーを内蔵。
カメラ周辺の音声をどこからでも確認することができ、録画データには映像だけでなく音声も録音されます。
また離れた場所からお声掛けも可能です。
  • プッシュ・トゥ・トークによる音声通話となります。
周囲が暗くなると自動的に切り替わる赤外線暗視(ナイトビジョン)機能を搭載していますので、
特別な操作を必要とせず、設置したまま真っ暗な場所でもクリアに撮影できます。
また昼間は赤外線をカットするフィルターがかかるため、自然な色で被写体を撮影します。
窓の内側から屋外を見るように設置される場合は、ガラスに赤外線が反射してうまく撮れない場合があります。
その様な用途でご使用になられる場合は、スマカメ ムーンライト(CS-QR220)、または、スマカメ アウトドア(CS-QR300)をお勧めします。
カメラの映像に動きがあった場合、microSDメモリカードへの自動録画やスマホに
通知を行なう動体検知機能を搭載しています。
  • インターネット回線としてモバイルルーターを使用した場合、プッシュ通知機能がご利用頂けない可能性があります。
microSDメモリカードへの常時録画と動体検知連動録画に対応しており、
常時録画はメモリカードの容量がいっぱいになっても上書きして録画します。
イベント録画映像は、数分ごとのファイルでmicroSDカードに保存されていますが、スマカメアプリで簡単に検索、再生することができます。
スマカメアプリは、イベント録画映像の時間指定再生や、早送りには対応しておりません。
時間指定再生や、早送りで視聴したい場合は以下の方法でご利用ください。
  1. スマカメProをご購入いただき、HDやNASに録画の上、録画映像再生機能で再生
  2. スマカメ クラウドレコーダーをご購入いただき、Google DriveやDropBoxに録画し動画再生ソフト等で再生
  3. スマカメからSDカードを取り出し、PCの動画再生ソフト等で再生
大量の自動録画データの中から目当ての映像を探すのが難しい場合は、
検索・再生機能を強化した『スマートプレイバック』機能(※)をオプションでご利用いただけます。
※別途アプリ内課金が必要です。
『みまもりモード』とは、アプリメニュー奥深くの「詳細設定」から操作しなくても、
動体検知と録画モードの設定を切り替えられる機能です。
画面右上の″スマオ″をタップし「みまもり開始」/「みまもり解除」をタップするだけで
あらかじめ設定したみまもりモードをすばやく開始/解除できます。
在宅中はみまもりモードを解除しておき、外出時に開始するなどの切り替えが可能です。
Google HomeやAmazon Alexaなどスマートスピーカーと連動し声のみでみまもりモードを開始/終了させる、
もしくは毎日決まった時間にみまもりモードを開始/終了させるといったことができるようになります。
Android TV機能搭載のテレビやTV BOXでスマカメの映像を確認することができます。
『スマカメTV』アプリは公開終了となりましたので、最新版の『スマカメ』アプリAndroid版をインストールしてお楽しみください。
『スマカメ』アプリはAndroidTVにも対応しています。
複数台モニタリング/録画/再生が可能な本格的監視・防犯システムをコストを抑えて構築できる、
業務用 Windows専用アプリケーション『スマカメPro』に対応しています。
用途に合わせてカメラを選び、監視・防犯システムを構築することが可能になりました。
マンション等の集合住宅に入居していて、ルーターなどネットワーク機器の設定が変更できない環境でも、
設定いらずの『スマカメ』なら外出先からもつながります。
また、光ファイバーやADSLなどによるブロードバンド回線がない環境でも
市販されているモバイルルーターとスマカメを接続してご利用いただけます。
スマカメはグローバルIPアドレスを必要としないので、ローカルIPアドレスしか配布されない
マンションISP(Internet Service Provider)等をご利用の場合でも、
別途グローバルIPアドレスのオプションを申し込む必要がありません。
モバイルルーターにはグローバルIPアドレスオプションなどの追加契約は必要ありません。

スマカメでは簡単接続を実現するために接続用の管理サーバーを利用しています。この管理サーバーは日本国内のデータセンターにて運用されサーバープログラムも当社で管理運営しています。
防犯対策にステッカーを同梱しています。
ステッカーは防水シートを使用しているので、屋外での利用にも最適です。玄関や窓等の目立つ所に貼るだけで、犯罪者や不審者に警告することが出来ます。
また、スマカメと併用すれば、より高い効果が望めます。
3枚セットなので目的や設置場所に合わせて使い分けが可能です。
・74mm×74mm
・26mm×100mm
・74mm×26mm
※出荷時期により同梱されていない場合もあります。
IEEE802.11n/g/bに対応しているので、電源を確保できるところであれば設置場所に困りません。
また最大転送速度は300Mbpsなので高画質設定でも安心してお使いいただけます。
動画の圧縮方式には、高画質と高圧縮率に定評のあるH.264を採用。通信キャリア各社がトラフィックを抑えるため帯域制限をかけていますが、H.264を採用したことにより最低限の通信量に抑えられます。また通信速度が遅くても良好な映像品質を得られます。さらに録画時のストレージ容量を節約できるというメリットもあります。
プラネックスの誇る通信事業者様向け製品の設計・開発・検証ノウハウを投入しました。誰もが簡単・快適につかえるモノづくりを徹底。IT機器の生産拠点として世界屈指の台湾にて製造を行っています。
生産から廃棄処分にいたる製品のライフサイクルにおいて、人の健康や環境への負荷を最小限に抑えることを目的として、鉛、カドミウム、水銀、六価クロム、ポリ臭化ビフェニル、ポリ臭化ジフェニルエーテル、フタル酸ジニエチルへキシル、フタル酸ジブチル、フタル酸ブチルベンジル、フタル酸ジイソブチルの有害物質の使用量を規制している「RoHS」にも対応しています。
スマカメは、ご利用になるネットワーク環境に応じて3種類の接続方式があります。
■ダイレクトモード
スマカメとスマホが直接データをやりとりするモードです。
ご使用のルーター、ネットワーク環境によってはダイレクトモードで接続できない場合があります。
■ビジネスモード
スマカメとスマホがサーバーを経由して接続するモードです。
ダイレクトモードで接続できない場合に使用されます。
ビジネスモードでの接続となる場合、映像の視聴は90秒で切断されます。再生アイコンを押すことで再び映像を視聴することができます。
■LANモード
スマカメとスマホが同一ネットワーク内にある場合に使用されます。
映像が90秒で停止してしまうのは、ご利用のネットワーク環境における何らかの原因によってダイレクトモードで接続できず、
サーバーを経由するビジネスモードとなっています。
映像が90秒後も止まらないように動作させたい場合は、ご利用のネットワーク環境を見直していただくことで、
90秒で切断させることなく継続してご利用いただくことが可能です。
複数台のルーターを使用している場合は、その内1台でもダイレクトモードで使用できないルーターがあるとビジネスモードとなります。
ルーターを1台に減らしていただくことでダイレクトモードで接続できる可能性があります。
ルーターを1台にしてもビジネスモードになる場合は、ルーターがダイレクトモードの接続を許容していないことが考えられますので、
ルーターを変更する必要があります。
弊社で発売中の無線LANルーターは全てダイレクトモードでご利用いただけます。
また、Windows専用アプリケーション『スマカメPro』をご購入頂き、ビジネスモード視聴制限解除のオプションを
別途ご購入いただくことでも90秒で切断させることなく継続してご利用いただくことが可能です。
WiFiの電波が不安定な場所でも、無線LAN中継機を無線LANルーターとスマカメの間に設置すれば、
無線LANルーターの電波を中継し安定した通信を確保することが出来るようになります。
※中継機を設置した後にスマカメのスマートセットアップを行なってください。