お知らせ

2022/04/04
お知らせ|INTERNET Watch 連載 清水理史の「イニシャルB」に本製品が掲載されました。 2.5Gbps LAN×4の「GPE-2500-4T」でAzureライクな自宅サーバーを作る

チーミング(ボンディング)、LAGによるネットワークの高速化、冗長性の向上

複数のLANポートを搭載することで、ネットワークのセグメント分け、WAN/LAN接続によるルーターの構築などが可能となります。
さらに、複数の有線LANを1つにまとめるチーミング(ボンディング)、またはリンクアグリゲーション(LAG)と呼ばれる技術により、負荷分散によるネットワークの高速化と、1つのネットワーク回線が切断されても他の回線で通信を継続する冗長性の向上が可能となります。
GPE-2500-2T」または「GPE-2500-4T」 を増設しWindows Server OSやLinuxでチーミング(ボンディング)を構築すれば、同時に複数のパソコンからアクセスがあっても高速なデータ転送が期待できます。

「GPE-2500-4T」搭載のWindows Serverにおけるチーミングの設定画面

各ポートに世界最小の消費電力を実現したRealtek RTL8125Bを採用

本製品は、各ポートに2.5GbEコントローラーにRealtek RTL8125Bを1つずつ配置しました。
RTL8125BはRTL8125の後継チップで、2.5GbEコントローラーとして世界最小の消費電力700mW以下を実現、RTL8125に対し消費電力が50%削減されました。
データが流れていないポートの消費電力を抑えるIEEE802.3az (Energy Efficient Ethernet)にも対応、消費電力が減ることで発熱も減少、マルチギガビットLANで問題となる発熱を抑え安定した動作を実現します。

パソコン側のインターフェイスとなるPCI Express ブリッジコントローラーには低遅延、省電力でPCIe Gen2×2の帯域幅に対応したASMedia ASM1806を採用し高速かつ安定した動作を実現。
贅沢なパーツ構成により、世界的にも選択肢の少ない2.5GBASE-T マルチポートLANアダプターです。

PCI Express x4バスに対応

Express x 4バスに対応、マザーボードのPCI Express x 4/x 8/x 16スロットに装着ができます。
現在、多くのマザーボードはPCI Express x16スロットを1〜2スロット、PCI Express x1スロットも1〜2スロット搭載しています。
本製品をデスクトップパソコンのPCI Expressの数少ない空きスロットに増設することで、2.5Gbps有線LANのマルチポート化が容易に実現できます。
また、ロープロファイルブラケットも付属します。

取扱説明書は日本語、Windows 11に対応した
最新ドライバーのダウンロードも日本語で可能

製品には日本語の取扱説明書が付属しています。
また最新のドライバーは海外の英語Webサイトで探さなくてもプラネックスのWebサイトから日本語でダウンロードできます。

ダウンロードしたファイルには、日本語でインストールの手順が記載されていますから安心してご利用いただけます。
Windows 11に対応した最新のドライバーも提供中。
新しくドライバーを公開した際は、Facebookでも情報を提供しています。

電磁波障害を起こさないVCCI(Class B)認証取得

多くの電子機器から発せられる電磁波は、テレビやラジオの受信に影響したり、心臓ペースメーカ、医療機器、航空機の計器に障害を与える恐れがあります。
家庭などでパソコンやその周辺機器がこれらの電磁波障害を起こさないように自主規制をするため規格がVCCI(Class B)で、本製品はもちろん日本製の電子機器の多くは認証取得されています。家庭、医療機関など様々な環境で安心してご使用いただけます。

外観・寸法・各部名称

  

マルチギガビット対応製品

  

ご購入はこちらから

下記のサイトにてご購入いただけます。