「どこでも日本 VPN」ユーザー登録

この度は「どこでも日本 VPN(MHC-VM1)」をご購入いただきまして誠にありがとうございます。
お手数ですが下記のフォームにご入力をお願いいたします。

登録完了後、入力していただきましたメールアドレス宛にユーザー登録完了のお知らせをお送りいたします。

「どこでも日本 VPN」ユーザー登録

ご記入日 2017/07/22
シリアル番号 ※製品または保証書に記載のシリアル番号を入力して下さい。
ドメイン名 ※アカウントカードに記載のドメイン名を入力して下さい。
メールアドレス ※登録するメールアドレスを入力してください。
パスワード ※登録するパスワードを半角英数字8〜20文字で設定してください。

ご記入内容をお確かめの上、よろしければ『会員規約に同意して、登録を行う』ボタンを押してください。

会員規約
プラネックスコミュニケーションズ株式会社(以下「プラネックス」といいます。)が発売する「どこでも日本 VPN」に関し、以下のとおりサービス利用の条件を定めるものとする。
第1条(目的)
ユーザー登録を行われたお客様(以下「ユーザー」といいます。)に対して次に掲げるサービス(以下、「本サービス」といいます。)を提供することを目的とします。
  1. 「どこでも日本 VPN」にドメイン名を付与し、名前解決サービスを提供することにより、インターネット上から「どこでも日本 VPN」へ接続できるようにします。
  2. お使いのPCおよびスマートフォンでVPNクライアント設定をすることにより、「どこでも日本 VPN」へPPTPプロトコルでの通信を可能とします。
第2条(認証情報の管理)
  1. ユーザーは、本サービスで取得したドメイン名、パスワード等の認証情報を厳重に管理するものとし、対価の有無を問わず、第三者に譲渡、貸与等を行なうことができないものとします。
  2. ドメイン名やパスワード等の管理不十分、使用上の過誤及び第三者の使用等により、ユーザー及び第三者に損害が発生した場合、かかる損害に関する責任は、すべてユーザー自ら負うものとし、プラネックスは一切の責任を負いません。
第3条(禁止事項)
  1. ユーザーは、本サービスを利用するにあたり、次の各号のいずれかに該当する行為をしてはならない。
    1. 本サービス及び付随するサービスの運営を妨げる行為
    2. 本サービス及び付随するサービス上の情報を改竄する行為
    3. 有害なコンピュータープログラム等を送信または書き込む行為
    4. 他人になりすまして情報を送信または書き込む行為
    5. プラネックスまたは第三者の著作権その他の知的財産権を侵害しまたは侵害するおそれのある行為
    6. プラネックスまたは第三者を差別・誹謗中傷しまたは名誉を傷つける行為並びに誹謗中傷しまたは名誉を傷つけるおそれのある行為
    7. プラネックスまたは第三者の財産、プライバシー等を侵害しまたは侵害するおそれのある行為
    8. 公序良俗に反する行為
    9. 法令に違反し、または違反するおそれのある行為
    10. 本規約に違反する行為
    11. その他、プラネックスが不適当と判断する行為
  2. 前項各号の事由に該当する場合、プラネックスはユーザーの承諾なしにユーザー資格を取り消すことができるものとします。
第4条(情報の取り扱い)
  1. プラネックスは、ユーザーから、本サービスの残り期間の提示及び本サービスの延長等、本サービス運営上必要な情報を収集します。
  2. プラネックスは、第1項に定める内容を超えてユーザーから情報を収集する場合、その目的を別途明示します。
  3. プラネックスは、ユーザーから収集した情報を無断で第三者に提供しないこととします。
  4. 前項の規定にかかわらず、プラネックスは、ユーザーが登録した情報を本サービス運用に必要な範囲で、業務委託先に登録情報の取り扱いを委託する場合があります。
第5条(利用料金)
  1. 本サービスに関し発生するユーザーの利用料金は、ユーザー登録の日から起算して1年間は無料とする。
  2. ユーザーは、ユーザー登録の日から起算して1年を超えて本サービスを利用する場合、年額10,000円(税抜)の本サービス利用料を別途定める 方法により支払うものとする。
第6条(規約の変更・改訂
プラネックスは、ユーザーの承諾なくこの規約を変更・改訂できるものとします。当該変更・改訂は、本サイト上(https://www.planex.co.jp/cgi-bin/MHC-VM1/user.cgi)に変更・改訂後の規約を掲載したときから有効になります。
第7条(中断及び停止)
  1. プラネックスは、各号に定めるいずれかの事由に該当する場合、ユーザーに事前に通知することなく、本サービスが提供するサービスの一部または全部を一時中断または停止することができます。
    1. システムの定期点検やサーバー増設並びに交換等の必要がある場合
    2. 新たなサービスの開始や本サービスの変更及び本サービスの不具合を修正する必要がある場合
  2. 前項に基づく本サービスの中断または停止に際しては、緊急やむを得ない場合を除き事前にその旨をユーザーに対し告知することとします。
  3. 第1項の規定にかかわらず、プラネックスは、火災、停電、その他事故、地震、その他天災、戦争、政変、その他これらに類する非常事態、基幹通信事業者などに起因するネットワーク障害、法令に基づく指示・命令、会員または第三者の行為に起因する事態、その他これらに準ずる不測の事態によって本サービスの提供が困難となった場合、本サービスの提供を中断または停止することができます。
  4. 本条の規定により本サービスを中断または停止した場合であってもプラネックスはユーザーに対していかなる責任も負わないものとします。
第8条(責任の範囲)
  1. プラネックスは、本サービスに関連する情報の正確性、完全性または有用性について保証いたしません。
  2. プラネックスは、お客様が送信した情報が弊社のコンピュータシステムに到着するかどうか、及びプラネックスのコンピュータシステムに到着した情報がお客様の送信した情報と同一内容であるかについて責任を負いません。
  3. プラネックスは、自然災害、回線の輻輳、機器の障害または保守のための停止等による情報の損失、遅延、誤送、または第三者による情報の改竄や漏洩等により発生した損害について責任を負いません。
  4. ユーザーが本サービスを通じて他のサービスを利用することにより発生した一切の損害について、プラネックスは一切の責任を負わないものとします。
  5. ユーザーが他のユーザーまたは第三者に対して損害を与えた場合、当該ユーザーは自己の責任と費用において解決するものとし、プラネックスは一切の責任を負わないものとします。
第9条(個人情報の保護)
プラネックスは、個人情報の保護を図るため、プラネックスの定める個人情報保護方針(http://www.planex.co.jp/info/personal.shtml)に従い、個人情報の取得、利用、第三者に対する提供等に関し、適正な取り扱いをしなければならないものとします。
第10条(法令遵守)
ユーザー及びプラネックスは、本規約に関連する法令を遵守するものとします。
第11条(合意管轄裁判所)
本規約に関してユーザーとプラネックスの間に係争が発生し、訴訟により解決する必要が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

以上
平成28年6月24日

このフォームはSSL暗号化通信により保護されておりますので、安心してご利用ください。
個人情報保護方針 | 情報セキュリティ基本方針